FC2ブログ


蜘蛛牢
血を撒き逃げる八握脛。追うて巣穴を暴けば…―哀れ。順わぬ先住者の成れ果てであったと。


自己紹介


篝屋久悠

Author:篝屋久悠
白い蜘蛛は笈を背負って
森をひたすら散歩中。

雨が降ったり日が照ったり
伐採されたりしていても
興味は湧かないようだ。

「にしても、いつになれば
 此処から出られるんだ」

どうやら森全体が牢になって
彼を閉じ込めているらしい。



最新記事




最新伝言




分類


日常 (2)
過去 (0)
戯言 (2)
バトン (0)
戯れ絵 (0)
背後 (0)
未分類 (0)
設定 (0)


繋輪



このブログをリンクに追加する

--年--月--日  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 // 先頭へ▲

2009年09月11日  欺瞞濃色。 




「久悠様、何故うす色の着物を好むのですか」

 同居人が留守故に、静まり返った室内。静寂を裂いて問いかけたのは、
そう、唯の気まぐれ。




読む
戯言 / 伝言*0 // 先頭へ▲

← 生きていると、渇望。 / 表紙へ

狐姿の道祖神


名前:
題名:
郵便:
住所:

合言葉


 表紙へ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。